レンタルを考える

新居に引越をする時に迷うのが、どの家電を持って行くかなどです。初めての一人暮らしの際などには、少しずつ揃えていくか、まとめて買って割引を狙うという方法もあります。

Read More

内容を知る

外で遊ぶ子どもが少くなった要因は、ゲームといった電子機器が流行りだしたことが一つの要因だと言えるでしょう。ただ、外で遊ぶ子どもを増やす為に、各エリアでは遊具のレンタルサービスを活用しています。

Read More

収納場所が必要ない

遊具を購入することでいつでもお家で遊ぶことができますが、倉庫や収納場所がないとしまうことができないため、処分してしまう人もいます。レンタルで遊具を使うことで、収納場所を気にせず遊ぶことができます。

Read More

オススメリンク

  • 株式会社長栄(大阪)

    自分の都合に合わせて家具レンタルを考えている方は要チェック!契約も簡単なので、とっても人気がありますよ。
  • かりとこ

    家電レンタルをしてみませんか?単身赴任に掛かる費用をもっと格安に抑えたい方は是非サービスを利用しましょう。

会社の経費削減

LED電球は白熱電球に比べて電気代の節約になることが知られています。 工場や店舗、オフィスなどでLED電球をレンタルして、コスト削減する企業が増えています。 全ての電球をLEDに変えるのは費用が大幅にかかりますが、レンタルなら初期コストを抑えて導入できるのが人気です。 費用は毎月のレンタル料だけ支払えばいいので、頻繁に改装を行って同じ照明を使う期間が短いような店舗に適しています。 価格は業者によっても照明の大きさや種類によっても変わってきます。 平均するとLED電球1本のレンタル料が百円から数百円といったタイプが多いようです。 契約は数十本からとしている業者が多く、工場や倉庫など利用する場所の全部の照明について契約するのが一般的です。

LED電球の歴史はそれほど古くなく、この10年で爆発的に普及してきました。 LED電球が電気代を抑えられると分かっていても、まだ白熱灯などの電球を使っている工場やオフィスなどが多いのが現状です。 全ての店舗の電球をLEDに取り替えるには初期投資にお金がかかるため、レンタルという業種が生まれ利用されてきました。 LED電球も次々新しい製品が開発されており、より節電効果の高い製品が生まれています。 LED電球は寿命が長いという特徴もあるため、よりよい製品が開発される中いつ導入するかというタイミングも会社にとって課題となっています。 レンタルであればリース期間が決められているので、契約終了後に新しい機種と交換することができます。